「人との食事が苦手!」失敗はないから練習しよう!

 こんにちわ。この記事をご覧になっている皆様は現在以下のようなお悩みを抱えていませんか?

  • 「残したらどうしよう」「気持ち悪くなったらどうしよう」と不安で人との食事が苦手
  • 人との食事をついつい避けてしまう
  • 治したいが、どうすれば良いかわからない

 そして何となく「人との食事に行って練習すれば治っていく」というのも感じておられるかもしれません。とはいえ練習には大きな不安が伴いますから、なかなか積極的に練習するのも難しいですよね。

 本記事ではこのように練習に行く大切さと、それを後押しする「食事練習には失敗がない!」ということについてお伝えしていきます。

人との食事が苦手でも、練習で治せる

 実際に人との食事に行って練習すれば、治っていくものなのでしょうか?結論から申し上げますと治せます!こうした練習は心理療法の分野では「認知行動療法」と呼ばれています。

 認知行動療法とはすっごく簡単な言葉でいえば「外食に行く」「会食に⾏く」といった自分が苦手とする症状が出てしまいそうな場面に挑戦していく治療法です。自分で行動を起こして、怖いものに対する認知を変えていくので認知行動療法と呼ばれるわけですね。

 皆様も認知行動療法という言葉は知らなくても、自分の症状を自覚されてからは「自分の苦手な場面を避けていても治らないよな~人との食事に行って慣れなきゃ!」という思いで、自分の苦手な場面に挑戦されたことはありませんか?実はそれがもう「認知行動療法」という立派な治療になっている訳ですね。自分が苦手な場面でも挑戦していれば、やがて確実に「場慣れ」を手にすることは出来ます。

 ですから「実際に人との食事に行って練習すれば治る」というのは正しいのですね。一般的に心療内科などで「会食恐怖症」と診断された場合にも、まずこの認知行動療法が教えられます。会食恐怖症については以下もご覧ください。

失敗経験で「人との食事が苦手!」は治っていく

 治したくて会食に行こうとはするものの、やはり「うまくいかないんじゃないか・・・」という不安は消えませんよね。こういう方は「会食に行って、何事もなく食べれたらその経験が自信になって、だんだん克服に近づいていく」というような考えをお持ちだと思います。さらに「食べれないと自信をなくして克服から遠ざかっていく」とも考えていらっしゃるでしょう。実はこれ必ずしも正しいわけじゃないんです!

 「成功体験を積み上げれば自信になって克服できる」というのはよくある考えでしょう。私もそう考えて会食練習に臨んでいました。しかし成功体験を続けるうちに、「あれ・・・?なんか今日調子悪い?・・・どうしよう・・・せっかく前回まで調子良く食べれたのに・・・また元に戻っちゃうのか?」というような不安が起きるようになりました。もちろん成功体験は大事ですが、それだけだと「成功体験を続けないといけない」というマインドになり、これは自分を苦しくしてしまう原因にもなります。

 逆にあまり食べられなかった、いわゆる失敗体験の場合にひどく落ち込んだかというと・・・実はそうでもなくて、意外に「あんなに不安だったのに会食にいけた」とか「食べなくてもあまり気にされなかった」というような評価ができたのです。そして調子が悪い時はこのような経験が活きて、「あ~今日だめかもな~まあいいや!前も調子悪くても何とかなったし!いつも通り自分のできることをやろう」という気持ちになれました。このように失敗体験も正しく評価してあげることで、むしろ成功体験よりも強力な味方になってくれるのです。

 私もこれまで数えきれないほど、一見失敗と思えるような体験をしてきました。

  • 大学の先生に連れていってもらった定食屋でほとんど食べられず、店主に怒られる
  • インターンの打ち上げ途中で気持ち悪くなり早退
  • 家族旅行に行っても、まる2日食事がほぼとれないまま過ごす

 こうした経験でも結局は自分の糧となってくれます。人間は失敗の前が一番不安が大きくなります。そして実際に不安なことを経験するほどに、その不安は軽減されていくのです。(何事も一度経験してしまえば、不安は少なくなるのです。)

会食練習に失敗はない

 うまくいかなかった経験さえも自分の糧になります。成功体験を積み上げなければ!と考えるよりも、むしろ調子が悪い時の経験をたくさんして「調子悪くても半分なら食べられる」とか「会話を楽しむことはできる」とか、自分なりにできることを増やしていく方が克服に近づきます。

 そう考えると会食の場で経験することは全て自分の身になっていると言えます。例えば全然食べられなくも「敢えて残す練習ができた」と言えますし、もし誰かが指摘してきたら「自分の症状を相手に伝える練習をするチャンス」であると言えます。つまり何が起きたとしても、やがて自分の糧となります。そういう意味で会食練習には失敗がないと言えます。行くだけで100点なのです。自分の症状の打ち明け方については以下もご覧ください。

 会食前に不安があるときには、「自分はどうなることが不安なのか?それは本当に起きてはいけないのか?起きた時どう行動すれば自分の成長につながるか?」と考えておきましょう。これをイメージしておくだけでも症状への不安が少し減ります。実際にその場で行動できたら、もうこれ以上効果的な会食練習はありません。

 本記事の内容をまとめます。

  • 「人との食事が苦手」は練習すれば確実に治っていく
  • 失敗のような経験こそが、自分の糧となって治っていく
  • 会食の練習には失敗がない。どんどん挑戦!

 会食の練習は行けば何が起きても確実に前進なのです。これが腑に落ちるだけでも練習前の不安がぐっと減ると思います。最初のうちは納得できないかもしれませんが、心の片隅には置いておいて不安な時に思い出して下さい!それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 かずおかず@会食恐怖嘔吐恐怖克服LINEでは、克服お役立ち情報の配信・克服支援サービスの提供・LNE限定イベントや企画のご案内を行っています。登録された方に克服お役立ち電子書籍【じぶんでなおす会食恐怖症・嘔吐恐怖症】無料進呈中!

かずおかず@会食恐怖嘔吐恐怖克服LINE 登録はこちらから!

「人との食事が苦手!」失敗はないから練習しよう!” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です