他人との食事や外食での腹痛を抑える方法

 こんにちわ。カウンセラーのかずおかずです。

 他人との食事や外食に行くと、緊張からお腹や胃が痛くなってしまうことがありますよね?胃がキリキリして、胸がムカムカして、抑えようとするほどに症状が大きくなって・・・。

 結論から申し上げますと、こうしたお腹や胃の痛みには「漢方」が効果的です。今回はこの漢方を活用して、痛みを抑える方法を紹介していきます。

他人との食事や外食での腹痛を抑える方法~漢方が効果的

 漢方以外にもお腹や胃の痛みを抑える薬は市販されていますし、病院で痛み止めや吐き気止めを処方される事もあると思います。

 私自身、痛みを抑えるために漢方やそれ以外の薬も服用してきましたが、やはり漢方がベストだと思います。それは以下の理由にあります。

  • 市販で安く手に入る
  • 副作用が無く、医師の指導も必要ない
  • 顆粒タイプが痛みに良く効く

 これらのポイントを解説してきます。

漢方は市販で安く手に入る

 お腹や胃の痛みを抑える薬は病院でも手に入りますが、やはり入手性は漢方の方が良いです。代表的な漢方はどこの薬局にも置いていますし、価格も1回、50円程度とコストも低く抑えられています。漢方は常飲することも多いので、とっさに切らした時でもこれなら安心できますね。

副作用が無く、医師の指導も必要ない

 お腹や胃の痛みを抑えるのに漢方を活用する一番のメリットだと思います。緊張時の症状を抑えるのに、毎回薬を飲むのに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。その点漢方は副作用も無いので、自分の必要なタイミングで自由に服用することが出来ます。頭痛薬のように乱用すると、効果が鈍くなるといった事もありません。

 そして服用には医師の指導も必要ありません。これは緊張時の症状を抑えるのに飲む薬には大きなメリットです。症状が小さい時には飲まないで、症状が大きい時には飲む、といった自分の裁量で服用タイミングを決めることが出来ます。

 調子が良い時には飲まなくても良いのです。だんだん他人との食事や外食に慣れてきて、薬から手離れするタイミングも自分で決められるのです。

顆粒タイプが痛みに良く効く

 (これは個人の体感になってしまいますが)錠剤タイプより顆粒タイプの方が、すばやく胃に膜をつくってくれる感じがして良く効きます。

 服用タイミングは食べる前15分~30分くらい前がよいでしょう。このタイミングで飲んでおくと、ちょうと食べる時に、胃に漢方が十分に広がって効果を発揮する状態になっています。

 最後にオススメの漢方を紹介しておきます。それは「安中散」と「六君子湯」です。どちらも安価で、お腹や胃の痛みに良く効いて、どこでも市販されています。はじめは香りがきついと感じるかもしれませんが、慣れてくると香りにもリラックス効果があるのでオススメです!

  漢方や薬を使わないで、腹痛や吐き気といった症状を抑える方法もあります。こちらは以下の記事を参考にしてみて下さいね。

 

 今回は漢方を活用して、お腹や胃の痛みを抑える方法を紹介しました。他人との食事や外食の緊張による症状は気まぐれですが、服用に自由が利く漢方なら柔軟に対応できますね。 服用を続けるほどに効果も実感しやすくなりますので、是非漢方を活用してみて下さい。

 最後までお読みいただきありがとうございました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です