こんにちは!嘔吐恐怖症克服支援カウンセラーのかずおかずです!

引き続き嘔吐恐怖症克服プログラムOPENERS2.0のご案内をご覧いただきありがとうございます。

 続々と参加希望者が集まってきております!期待の声も続々と集まり始めています。

  • 「何をするにも常に嘔吐恐怖・会食恐怖のことが不安という状況から、今この時を楽しめるような人生を送りたいと思いました!」
  • 「嘔吐恐怖症と外食恐怖症を克服して、家族や恋人、友人と今までより楽しくおいしくお食事がしたいです!」

 皆様のエネルギーがスゴイですね!こちらも今のあなたのエネルギーに見合うようなコンテンツをお伝えしていきたいと思います。

 ここまでOPENERS2.0のご案内にお付き合い頂き、ありがとうございました。今回は最後のご案内となります。前回はプログラムの詳細についてお伝えしました。今回は追加で暴露療法と参加特典についてお伝えしたいと思います。

暴露療法とは

 「暴露療法」とは「他人が吐くことや吐しゃ物を見るのが怖い」タイプの嘔吐恐怖症の方に効果がある治療法です。

 このタイプの嘔吐恐怖症の方は、嘔吐にまつわる物(他人の吐く姿、吐く音、吐しゃ物、またはそれに関連する文字やイラスト)に恐怖を感じて、日常生活に支障が出る場合があります。吐く人や吐しゃ物に遭遇する不安から、夜の街に出かけられなくなったり、映画やドラマの嘔吐シーンなどで、大きく動揺してしまったりすることもあります。「自分が吐くのが怖いタイプの嘔吐恐怖症」でも多くの方が、この症状も抱えています。

 暴露療法は恐怖対象(他人の吐く姿、吐く音、吐しゃ物、またはそれに関連する文字やイラスト)に敢えて晒されることで、恐怖に適応していく(慣れていく)治療法です。暴露療法は既に効果のある治療法として確立されていますので、実際に嘔吐恐怖症向けに暴露療法を行っているクリニックもあります。一般的には恐怖対象が登場する動画や画像を視聴します。

 実際に私もクリニックで暴露療法に使われているコンテンツを見せてもらったことがあります。文字→イラスト→本物の画像→動画と言った感じで徐々に恐怖レベルを上げていき、恐怖対象に慣れていく治療法です。

 暴露療法は認知行動療法とは違い、自分の好きなタイミングで好きなだけ自己治療をすることができます。そのため認知行動療法よりも効果が早く期待できます。また暴露療法により「嘔吐そのもの」に対する全体的な恐怖イメージを軽減することが出来ますので、「自分が吐くのが怖いタイプの嘔吐恐怖症」の治療にも寄与します。

 一方で暴露療法を行っているクリニックはまだまだ少なく、治療費も決して安くはないのも現状です。クリニックに暴露療法のコンテンツを提供してもらう必要があるので、何度もクリニックに通い続ける必要があります。

 また実際に病院で暴露療法に取り組まれた方からは「難易度が高く挫折してしまった」とのお話を伺ったこともあります。YOUTUBE等で嘔吐にまつわる動画を視聴することも出来ますが、オススメはしません。暴露療法用に設計された動画や画像でなければ、恐怖レベルが徐々に上がっていくようには出来ていません。適切な暴露療法とはならないからです。

暴露療法動画プログラム

 本プログラムでは「他人が吐くことや吐しゃ物を見るのが怖い」タイプの嘔吐恐怖症の方が暴露療法を実践頂ける「暴露療法動画プログラム」を用意しています。本動画プログラムは暴露療法の効果を上げるのに必要な「徐々に恐怖レベルが上がる」「最低20分は視聴を続ける」という要素を踏襲して設計しています。

 「難易度が高くて、挑戦できない」という人が出ないように、恐怖レベルをさらにスモールステップに分解し、「初級動画」と「中級動画」に分けています。(それぞれ30分の動画です。)「初級動画」は嘔吐にまつわる文字やイラストなど非常に難易度が低く、どなたでも挑戦頂けます。

 そして「中級動画」ですが、今回は実際に嘔吐恐怖症への暴露療法を行っているクリニックのコンテンツに基づいて作成しました。 今回は嘔吐恐怖症関連書籍の制作に関わらせて頂く機会を頂き、実際に現場で使用されている暴露療法のコンテンツを入手する機会がありました。限りなくそちらの内容に近づけて作成しましたので、クリニックで行われている暴露療法をご自分で実践して頂くことができます。

 通常嘔吐恐怖症の暴露療法はクリニックに通い、高額の料金を支払って行う必要があります。それと同等の暴露療法をご自分で実践頂けるプログラムはかなり画期的な試みです。OPENERS2.0では暴露療法動画プログラムに加え、暴露療法を実践する上での注意点、暴露療法への瞑想とセルフコンパッションの活用など含めて、ひとりで実践して頂く為に必要な情報を全てお伝えしていきます!

 「恐怖を避けていては治らないのは分かってるけど、どうしたらいいのか分からない」という「他人が吐くことや吐しゃ物を見るのが怖い」タイプ嘔吐恐怖症の方にとっては非常に有効な治療となりますので、是非ご活用ください。

 

2大参加特典

 今回のタイミングで企画にご参加された方には参加特典として、2本の動画を進呈いたします。

 1 : 嘔吐恐怖症克服までの道筋を分かりやすく解説した講義動画【嘔吐恐怖症を克服する人が知るべき4つのSTEP】(22分)

 本企画OPENERS2.0では嘔吐恐怖症の克服に役立つ情報をあますところなくお伝えしますが、全ての知識にはつながりと順序が存在し、一本の道としてつながるようになっています。どんな知識を得ても、それが克服のどのステージでどう活きてくるかが分からなければ、実践することは出来ませんし、効果を実感することも出来ません。結果的にモチベーションを維持することができません。

 本動画によって克服の全体像とお伝えする知識の役割をまるっと把握することが出来ますので、大きな克服のモチベーションとなるでしょう。

 2 : 正しい認知行動療法のやり方を分かりやすく解説した講義動画【OPENERS2.0流認知行動療法】(23分)

 本企画OPENERS2.0では嘔吐恐怖症の克服に役立つ情報をあますところなくお伝えします。そしてその全ては認知行動療法の取り組み方につながっていきます。このOPENERS2.0で学んだことを、全て実際の認知行動療法に落とし込んでいくと、あたなの認知行動療法は大きく変わります。これまでより簡単に楽しく認知行動療法を続けていくことができます。

 本動画ではOPENERS2.0の目指すべき、そしてこれまで私が実践してきた認知行動療法を一挙手一投足にわたり全てお伝えします。

 どちらも是非このタイミングで企画に参加して頂き、ご覧頂きたい内容となっております。

 OPENERS2.0は間もなく募集開始です!

 OPENERS2.0の募集案内は以下の専用LINE限定で行いますので、こちらの画像をクリック・タップして事前登録をお願いします!(前回OPENERSのご案内を受け取った方は既に登録済みの場合もあります)

予約登録

追伸

(カウンセラーの皆さんと、一番左がかずおかずです。)

 

 これまでOPENERS2.0のお知らせにお付き合い頂き、ありがとうございます。本企画にご参加頂くかどうかに関わらず、ここまでの配信でひとつでもあなたの克服のヒントになるようなことがあれば幸いです。OPENERS2.0はいよいよスタートを迎えます。

 もちろん私だけでなく相談者さんの声や他カウンセラーさんの協力に支えられてOPENERS2.0は完成しました。本プログラムは嘔吐恐怖症を克服して、より充実した人生を歩んで頂くことを目的としていますが結果的に嘔吐恐怖症だけでなく、

 人生そのものの質を高めていく

 そういったプログラムが完成したと思っています。

 受講された方には嘔吐恐怖症を改善するのはもちろんですが、習慣を変えていくことで人生は変わっていく という体験をして頂きたいと思います。例えば自分にかけている言葉ひとつにしても、自分をいたわる気持ちを少し乗せるだけでも、長い目で見れば人生の充実度は変わってくるのです。

 こうした体験が少しでも増えていけば、どんどん自分で積極的に成長していける、自分軸の人生を歩んで行ける。そうなれば嘔吐恐怖症の克服過程でさえも充実した人生の一部になるのでは?

 このような思いでOPENERS2.0は誕生しました。

 そしてこのコロナ禍において、嘔吐恐怖症の克服環境は以前よりも厳しい状況にあります。会食練習機会の減少、病院のひっ迫、コロナ禍のストレスといった様々なネガティブ要因が加わりました。この状況を不安視する非常に多くの声が寄せられています。

 こんな時期だからこそ、単純に嘔吐恐怖症を克服するという意識だけでは少しもったいないです。コロナ禍の後の、嘔吐恐怖症を克服した後の、先の未来を見据えて人生そのものを良くしていく方法を学んでいく機会なのです。

 このOPENERS2.0が一人でも多くの嘔吐恐怖症に悩む方の一助になることを願っています。こんな時期でもOPENERS2.0という武器を手にして、自分の力で自分の精神衛生を守っていける、そして実現したい未来を思い描ける人が増えて欲しいと思います。

 そんな人が少しでも増えれば、嘔吐恐怖症の克服環境はもっと良くできるはずと信じています。それでは続きはOPENERS2.0でお待ちしております!最後までお読みいただきありがとうございました。