会食恐怖症とは?

人との食事において「食べないことを指摘されたら」「食べ方を変に思われたら」「食べてる途中で気分が悪くなったら」「食べた後で気分が悪くなったら」「吐いているところを誰かに見られたら」このような不安が強く人との(もしくは一人での)食事を満足に楽しく食べることができない・・・日常生活が制限されている・・・。

これらの症状は「会食恐怖症」と呼ばれ、精神医療では「社交不安症」のひとつとされています。「社交不安症」とは「社交機会に対して健全でない強い不安を覚え、日常⽣活に支障をきたす精神的な疾患」とされ、会食恐怖症以外にもスピーチ恐怖、電話恐怖、赤面恐怖、腹鳴恐怖、書痙(しょけい)など、様々なものがあります。

もちろん初対面の人や新しい環境での食事は誰でも緊張するものでよね!ですが会食恐怖症の場合は不健全なほどに会食に対して不安や恐怖があり、満足に食事がとれない、楽しめない状態を指します。症状は吐き気、めまい、胃痛、嚥下(食べ物が呑み込めない)、緘黙(黙り込んでしまう)、嘔吐など様々です。特に嘔吐への恐怖が強い場合「嘔吐恐怖症」と呼んだりもします。

これまで会食恐怖症は精神的な疾患の一つであるにも関わらず、あまり知られた存在ではなく、病院でも積極的な治療の対象とはなっていませんでした。(もちろん病院によります。会食恐怖症を専門的に扱っている病院も存在します。)私自身、会食恐怖症で心療内科を受診したときは「気にしないでください」の一言で済まされてしまいました。そのため「こんな症状自分だけ・・・」と誰にも相談できずに、一人で抱え込んでしまいがちです。

しかし近年SNSの普及や日本会食恐怖症克服支援協会の設立等がきっかけとなり、少しづつその存在が世の中に知られるようになりました。私自身、自分が会食恐怖症であることを知ったのも日本会食恐怖症克服支援協会のサイトを見たことがきっかけでした。そして会食恐怖症は自身の考え方や行動を変えていくことで、薬に頼らず克服していくことができる病気であることを知ったのです。その後会食恐怖症のカウンセラーとなり、日々カウンセリングや情報発信を行っています。こちらのサイトをご覧になっている貴方も是非克服のヒントを見つけて、一歩踏み出して頂きたいと思います!