会食恐怖症の原因

会食恐怖症になる原因は様々あります。最も多いのがもともと食が細いのに食べることを周りに強要され、それが大きなプレッシャーとなって食べられなくなる場合です。特に小学校給食での完食指導(食べきるまで居残り・無理やり食べさせられる)や、高校・大学の部活における食事指導(とにかくたくさん食べなければいけない)が原因となっているケースが多いようです。もともと人によって一度に食べれる量は違うのに、一律に同じ量を決められた時間内で食べきらなければいけない指導で、「たくさん食べる人・早く食べる人が偉い」「食べられない自分には価値が無い・誰も相手にしてくれない」といった考え方から「絶対に食べきらないといけない」というプレッシャーになる間違った価値観が構成されてしまいます。

逆にもともと良く食べる⽅でも会食恐怖症になることもあります。普段は大食いで楽しく食事がとれていたのに、一時体調不良で食事中に気持ち悪くなった、戻してしまったことが原因で「次また気持ち悪くなったらどうしよう」「食べないのを変に思われたらどうしよう」というプレッシャーから食べられなくなる場合もあります。

どのケースでも「○○になったら怖い、どうしよう」という食事に関する大きな不安を抱いていることは共通しています。例えば「人に食べないことを指摘される」「食べるのが遅いことを指摘される」「食べている途中で気持ち悪くなる」などです。この大きすぎる不安が様々な症状を引き起こす原因になっているのです。会食恐怖症の克服においてはこの一人一人が抱えている、その人にとって一番大きな不安を考え方や行動を変えることで緩和していくことが必要になります。

そして会食恐怖症は誰にでもなる可能性がある病気です。これまで様々な方にカウンセリングを行いましたが、スポーツをバリバリやる学生や、もともと大食いの方でさえ発症します。ですので「自分の心が弱いから会食恐怖症になった」という間違った捉え方をしないようにしましょう。逆に会食恐怖症になったことがきっかけで、自分の心と体を見つめなおして人生をより良くする方向へ歩き出された方もいらっしゃいます。