会食恐怖症とは?

 人との食事において「食べないことを指摘されたら」「食べ方を変に思われたら」「食べてる途中で気分が悪くなったら」「食べた後で気分が悪くなったら」「吐いているところを誰かに見られたら」このような不安が強く人との(もしくは一人での)食事を満足に楽しく食べることができない・・・日常生活が制限されている・・・。このページをご覧のあなたは現在このような症状で悩まれているのではないでしょうか︖

 これらの症状は「会食恐怖症」と呼ばれ、精神医療では「社交不安症」のひとつとされています。「社交不安症」とは「社交機会に対して健全でない強い不安を覚え、日常⽣活に支障をきたす精神的な疾患」とされ、会食恐怖症以外にもスピーチ恐怖、電話恐怖、赤面恐怖、腹鳴恐怖、書痙(しょけい)など、様々なものがあります。

 もちろん初対面の人や新しい環境での食事は誰でも緊張するものでよね!ですが会食恐怖症の場合は不健全なほどに会食に対して不安や恐怖があり、満足に食事がとれない、楽しめない状態を指します。症状は吐き気、めまい、胃痛、嚥下(食べ物が呑み込めない)、緘黙(黙り込んでしまう)、嘔吐など様々です。特に嘔吐への恐怖が強い場合「嘔吐恐怖症」と呼んだりもします。会食の度にこうした症状が出てしまうので、次第に会食を避けるようになります。

 これまで会食恐怖症は精神的な疾患の一つであるにも関わらず、あまり知られた存在ではなく、病院でも積極的な治療の対象とはなっていませんでした。私自身、会食恐怖症で心療内科を受診したときは「気にしないでください」の一言で済まされてしまいました。そのため「こんな症状自分だけ・・・」と誰にも相談できずに、一人で抱え込んでしまいがちです。

嘔吐恐怖症とは?

「吐くのが怖くて会食・外出ができない・・・」
「常に気持ち悪くならないかの不安がある」
「⼈が吐いているのや吐しゃ物を⾒るのが怖くてたまらない」

 このような症状は嘔吐恐怖症と呼ばれ、嘔吐に対する恐怖で日常生活に支障が出る病気です。

 嘔吐に対する恐怖が気持ち悪さを強め、日常の中で慢性的な気持ち悪さが起こります。会食の場だけこの「吐いたらどうしよう・・・」という気持ちが出る場合もありますが、その他の場面でも同じ気持ちが起こり、電⾞に乗り⾟くなったり、普段の食事がとり⾟くなったり、会食以外の場面でも支障をきたすことがあります。

 嘔吐恐怖症の方は嘔吐に対する恐怖を抱えていますが、恐怖となる対象も異なります。「吐いているのを人に⾒られるのが怖い」「吐くという⾏為そのものが(苦しみ・死を連想させて)怖い」「他人が吐いている姿や吐しゃ物を⾒るのが怖い」等、恐怖の対象は様々です。

実は多い会食恐怖症・嘔吐恐怖症

 アメリカの数字ではありますが、米国立精神衛生研究所では年間を通して5人に1人の成人が不安障害に悩んでいたという統計を発表しています。10代の若者になればこの数字はさらに上がり25%が病的な不安障害を抱えています。成人期全体を通してみるとこの数字はさらに高くなり3人に1人が不安障害を経験します。

 このことから程度の差はあれど、何かしらの不安障害を抱えずに生きることがむしろ珍しいと言えます。実は会食恐怖症も多くの方が悩んでいるのです。事実私のカウンセリングでも1年で延べ300人以上の方が相談に来られました。

 また軽度なものから重度なものまで差はありますが、会食恐怖症で相談に来られる方の 3 割 4 割くらいはこの嘔吐恐怖症です。会食恐怖症といってもその多くは実は嘔吐恐怖症であり、その症状の一つとして会食恐怖が出ているのです。私の元に来られる相談者さんの実に 8 割くらいは嘔吐恐怖症の方です。

 嘔吐恐怖症は自分の気持ちや症状の出方が複雑なので、他人に説明するのが難しいです。幼少期などに発症する場合も多く、誰にも相談できないまま抱え込んでしまいます。また病気としての認知度も低いために「こんな症状に悩んでいるのは自分だけ・・・」と孤⽴するケースも多いです。

 すると一人で悩む時間が増えてさらに症状が悪化してしまいます。私もその一人です。もともと会食恐怖持ちでしたが、嘔吐恐怖症になった時は自分がどういう状態なのかを理解することができず、まったく言うことを聞かない心と体に振り回されて、一人悩み続けていました。嘔吐恐怖症という病気があり、自分が嘔吐恐怖症であるという自覚を持つまでに実に 7 年余りの時間を要しました。しかしカウンセリングをする中で、実は嘔吐恐怖症で悩んでいる方は大変多いという事がわかりました。

 まずは会食恐怖症・嘔吐恐怖症というのはよくあるケースで、克服に向けて取り組んでいる人がたくさんいることを知ってくださいね︕そして会食恐怖症も嘔吐恐怖症も少しづつ自分の行動や考え方を変えていくことで克服できる病気なのです!

さらに詳しく知りたい方はこちらから!